アルトサックスをはじめたい方必見!経験者が魅力、費用、メーカー、必要なもの全部教えます!練習場所は?独学は可能?

アルトサックスは管楽器の中でも比較的難易度が低い楽器と言われています。

サックスは一見、ボタンがたくさんあるようにみえますが、指使いは小学生のときに吹いたリコーダーとほぼ同じなので覚えやすいですし、音も比較的鳴らしやすいんです。

私は吹奏楽でサックスを担当していましたが、全くの初心者の状態から、1日で音階がすべて吹けるようになり、1週間後には大勢での合奏に参加し、3ヶ月後には吹奏楽の甲子園といわれる吹奏楽コンクールに出場していました。

他の楽器の担当者は音を出す段階だけでも苦戦していましたが、私以外のサックスの担当者たちも数日である程度曲が吹けるようになっていました。

それくらい初心者でも短期間でそれなりに吹けるようになる楽器なので、これからはじめたい大人でも気軽にスタートできますよ!

かんたんさ          ★★★★☆

練習場所の確保しやすさ  ★★★☆☆

持ち運び         ★★★★☆

楽器本体の値段                  10万円〜

スポンサーリンク

JAZZもポップスもクラシックもOK!アルトサックスはバンドの花形です!

金色に輝くボディーがカッコいいサックスは艶やかで表情豊かな音色の楽器です。

サックスの中でも特にアルトサックスは吹奏楽やJAZZでは花形の存在!

大人数でバンドを組むもよし、ソロで楽しむもよし、クラシックでもJAZZでもポップスでもなんでも演奏できる楽器です。

ソロでしっとりしたバラードで歌うもよし

バンドを組んで軽快にポップスを演奏するもよし

クラシカルな美しい響きを楽しむもよし

…とアルトサックスはなにを吹いてもカッコよく決まります!

なぜアルトサックスがおすすめなの?魅力をご紹介!

主に流通しているサックスには、音が高い順に、

ソプラノサックス

アルトサックス

テナーサックス

バリトンサックス

と、あります。

サックスを始めたいけれど、どの種類が良いのかわからないという方や、絶対にこのサックスをやりたい!!というこだわりがない方には、まず私はアルトサックスをおすすめします。

アルトサックスがオススメの理由は、テナーやソプラノ、バリトンサックスに比べ、

  • 肺活量があまり必要なく初心者でも鳴らしやすい
  • 一番難易度が低いので、挫折しにくく、変な癖がつきにくい
  • 流通量が多く、楽器が安い
  • アルトサックスが一番ポピュラーなため、教則本や楽器教室を見つかりやすい
  • メロディーを奏でるのにちょうど良い音域
  • 楽器が大きすぎないので手が小さな女性でも無理なく演奏できる
  • 持ち運びが便利
  • ビックバンド、吹奏楽をはじめ、将来バンドを組むのにも需要がある
  • 花形の楽器でソロを吹く機会も多く目立ち、やりがいがある

…などなどいいことづくめ。

アルトサックスはサックスの基本といわれており、アルトサックスを上手に吹くことができれば、他のテナーサックスやソプラノサックス、バリトンサックスなどにも移行しやすいですよ!

ちなみにテナーサックスについてはこちらの記事にまとめました

上野樹里も吹いた!テナーサックスの魅力とは?初心者におすすめのメーカーや費用など経験者が解説します!【アルトかテナーで迷ってる人注目!】
ジャズで大活躍!テナーサックスをはじめてみませんか? 映画「スウィングガールズ」主演の上野樹里さんが吹いたことでも一躍有名にな...

アルトサックスを始めるのに必要なものと費用は?

アルトサックスを始めるのに必要なものをご紹介します。

なんだか色々あるように見えますが、楽器を購入すると付属しているものも多いですし、ネットで簡単に揃えることができるものばかりです。

アルトサックス本体 10万円〜

予算別!オススメのアルトサックス
予算を最低限に抑えたい方にオススメのアルトサックス

ヤマハ YAS-280  

皆さんご存知の有名国産ブランドヤマハ。ヤマハのエントリーモデルのYAS-280は、十万円前後で安心の国産メーカーが買えてしまうというコスパ最強の機種です。

初心者でもしっかりと鳴る楽器で、音程も安定しており音楽教室や学校の吹奏楽部でもっとも多く使われている機種です。

ちょっとサックスをはじめてみたい!という方はこのモデルで十分です。

予算20万円台のおすすめアルトサックス

ヤナギサワ A-WO1 または

ヤマハ YAS-62

この価格が出せれば、初心者から上級者まで楽しめるベーシックモデルを購入できます。

ヤナギサワはすべてがハンドメイドというこだわりの国産メーカー。

ちなみにわたしもヤナギサワのサックスを購入しました。

ヤナギサワはヤマハに比べるとダークな音色で、吹く時に心地よい「圧力」を感じます。

セルマーは高すぎるしヤマハはみんなとかぶるから嫌!という方にもオススメの渋めのメーカーです 笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加