ギターは練習場所に困らない!何歳から始めても上達可能!アパート暮らしでもOK!

憧れのアーティストのようにギターで弾き語りができたら…なんだかとってもかっこいいですよね。

実はギターってなんだか難しそうにみえますが、何歳から始めても上達が見込める楽器。

指一本で弾けるコードもあるので、初心者でも気軽にはじめやすいのが特徴です。

また、エレキギターなら音量を自在にコントロールできるので、アパートなど集合住宅に住んでいる方でも、音漏れを気にすることなく深夜でも練習できるのも嬉しいポイントです。

かんたんさ          ★★★★☆

練習場所の確保しやすさ  ★★★★★

持ち運び         ★★★★☆

楽器本体の値段       3万円〜

スポンサーリンク

なぜギターは楽器をはじめたい大人におすすめなの?

一見難しそうに見えるギター。

でも、街を歩けば学生から大人まで色々な人たちがギターのケースを背負っているのを目にすると思います。

それだけ初心者でもはじめやすい敷居の低い楽器です。

ギターは値段が高くないのではじめやすい

ギター本体の値段は、ピンからキリまでありますが、3万円も出せば、有名メーカーのヤマハのビギナーモデルを購入することができます。

フルートやクラリネットなどの楽器と比べると格段に安いので、初心者でも始めるハードルが低く、気軽にトライできます。

自宅でも練習可能!深夜でも!

エレキギターなら、専用の器具を使えば、ヘッドフォンにつなげて練習できるので、深夜でも周りを気にせずに練習することができます。

楽器の腕前の上達は、いかにその楽器に触れていた時間が多かったかにかかっています。

自宅で気軽に練習のしやすいギターは、他の家で練習しにくい楽器に比べて、上達が早くなるといえます。

ギターは独学OK!

ギターは独学でも上達が見込める楽器です!

ちなみに私の所属していた大学のサークルにはたくさんのギターリストがいましたが、全員独学でマスターしたとのこと。

きちんとした教則本さえあれば、音楽教室に通わなくてもギターは始めることができます。

初心者に特にオススメのギターの教則は、DVD形式の動画で解説しているもの。

耳で聞いて、目で確かめてわからないところは何度でも巻き戻しして練習ができるので、初心者でも回り道をせずに上達できるでしょう。
30日でマスターするギター講座 教本&DVD

一人でも仲間と一緒でも楽しめるので飽きにくい!

ギターは一人でメロディーを弾いても楽しいですし、ギターを弾きながら好きな曲を歌うこともできますし、仲間と一緒にバンドを組むこともできます。

活躍の場も多くあり、曲のレパートリーも多く、飽きずに続けやすい楽器なんです。

ギターの種類

ギターには大きく分けて2種類あります。

アコースティックギター

アコースティックギターは、電子的な器具に繋がなくてもギター単体でそれなりに大きな音が出せる楽器です。

アコースティックギターは、ナイロンの弦を使用したクラシックギターなどがありますが、一般的に鉄製の弦が貼られたフォークギターを指すことが多いです。

エレキギター


一方電気の力で音を出すのがこちらのエレキギター。

アンプというスピーカーに繋ぐことで音量を大きくしたり小さくしたり自由自在。

エレキギターなら、静かに練習できるのでアパートやマンションにお住いの方でも、自宅で練習することができます。

アコースティックギターとエレキギター、どちらがいいの?

アコースティックギターとエレキギターのどちらが初心者にとって良いのでしょうか。

結論から言うと…

どっちでも良いので好きな方を選びましょう!!

自分の好みのデザインや、音で決めて良いでしょう。

好きな方で始めた方が、楽しく練習できますからね!

でもどちらも好きで迷ってしまう!って人にはどちらかというとエレキギターの方がおすすめ。

理由は

  • エレキギターは音量の調節が可能なので自宅での練習がしやすい
  • エレキギターは機材一つで音を変えることができ、アコースティックギターの音も出すことも可能
  • 弦が細くアコースティックギターに比べて抑えやすい

まあアコースティックギターもエレキギターも基本の弾き方は同じですし、一方を弾くことができれば、どちらの楽器も弾くことができますよ。

さあ!あなたもギターを始めよう!

はじめてでも、何歳からでも、上達が見込めるギター。

弾き語りで歌って楽しむもよし、バンドを組んでみんなで合わせて楽しむもよし。

ギターは気軽に始められる楽器なので悩んでいる時間が勿体無い!

1日でも早くかっこよく弾きこなしたいなら今すぐはじめましょう!



音楽経験ゼロの初心者でもギターが弾ける!大人気ギター教材

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加