上野樹里も吹いた!テナーサックスの魅力とは?初心者におすすめのメーカーや費用など経験者が解説します!【アルトかテナーで迷ってる人注目!】

ジャズで大活躍!テナーサックスをはじめてみませんか?

映画「スウィングガールズ」主演の上野樹里さんが吹いたことでも一躍有名になりました。

一見、たくさんボタンがついていて難しそうに見えるテナーサックスですが、比較的新しい楽器のため、他の吹いて鳴らす管楽器に比べると、実は難易度は高くありません。

指使いはリコーダーと同じで覚えやすいですし、初心者でも音の出しやすい楽器です。

楽器決めで悩んでる吹奏楽部新入生、これから何か楽器を始めたい大人のみなさん、必見ですよ!

かんたんさ        ★★★★☆

練習場所の確保しやすさ  ★★★☆☆

持ち運び         ★★★☆☆

楽器本体の値段      15万円〜

スポンサーリンク

こんなにかっこいい!テナーサックス

テナーサックスは、渋いジャズも

美しいクラシック音楽も

なんと演歌までブイブイ言わせながら吹くことができちゃいます!

アルトサックスとテナーサックスはどっちがおすすめ?

主にサックスには、音の高い順に、

ソプラノサックス

アルトサックス

テナーサックス

バリトンサックス

とあり、比較的流通量の多いアルトサックスとテナーサックスで悩む方が多く見受けられます。

アルトサックスについては以前この記事にまとめました。

アルトサックスをはじめたい方必見!経験者が魅力、費用、メーカー、必要なもの全部教えます!練習場所は?独学は可能?
アルトサックスは管楽器の中でも比較的難易度が低い楽器と言われています。 サックスは一見、ボタンがたくさんあるようにみえますが、...

テナーサックスはアルトサックスに比べて一回り大きく、アルトサックスに比べて肺活量が必要になります。

また、テナーサックスは手の小さい方は最初は全てのキーに届きにくいかもしれません。

でも結局は慣れです。私の所属していた吹奏楽部では華奢で小柄な女の子がテナーサックスの担当でしたが、なんなく吹きこなしてましたので心配はいらないです。

テナーサックスは、ジャズやラテン音楽のビックバンドでは花形の楽器で、メロディーソロがたくさんありとても目立ちます。

ジャズならアルトサックスよりもテナーサックスの方が有名なプレイヤーが多いほど。

ただし、正直吹奏楽は別です。吹奏楽部に入部予定でサックスでとにかく目立ちたい!という方はアルトサックスをおすすめします。

吹奏楽ではテナーサックスはどちらかというとハーモニー担当。他の楽器を支えて引き立てる役割が強いです。

たまーにソロも回ってきますが、アルトサックスに比べるとやっぱりずっと少ないですね。

まあハーモニー担当も楽しいですし、サックスのみのアンサンブルではテナーはやりがいのあるポジションです。

また、アルトサックスはメロディーが多いぶん、細かい音がたくさん並んだ早い指使いが要求される難しい楽譜も多いのですが、テナーサックスはアルトサックスに比べれば、割と簡単な指使いの楽譜なのでプレッシャーが少ないというメリットもあります 笑

テナーサックスの良さは…

  • 他の楽器に比べ難易度が低い(サックス全般)
  • 中低音が渋く、ジャズでは花形の楽器!
  • アルトサックスよりも一回り大きく、華奢でスマートなフォルムがかっこいい!(個人的に)
  • 他のサックスに比べて、初心者でもある程度かっこいい音色が出しやすい

などなど。

一般的に吹く楽器は、最初から綺麗な音を出せるわけではなく、音色をよくするための練習が必須。

しかしテナーサックスは楽器にきちんと息を吹き込むことさえできれば、なぜか最初からカッコいいというか、味のある音が出しやすいんです。

そのため、アルトサックスも魅力的ですが、テナーサックスも初心者にオススメですね。

ちなみに私も初めて吹きはじめたサックスはアルトサックスではなく、テナーサックスでしたが、初めて3ヵ月後には吹奏楽コンクールでソロを担当するレベルまで上達できましたよ。

 テナーサックスを始めるのに必要なもの

基本的にはどのサックスも必要なものは同じです。

しかし、マウスピースやリガチャー、リードに関しては、違う音の高さのサックスごとに大きさが変わるので、互換性はありません。

テナーサックスを吹くなら、テナーサックス専用のマウスピースとリガチャーとリードを購入しましょう。

絶対に必要なもの

テナーサックス本体(15万〜)

テナーサックスは15万円〜買うことができます。

すでにネットでテナーサックスを探したよ!という方は、15万円以下の中国産のいわゆる「格安サックス」をご存知かもしれません。

しかし、それらは修理に出せるほどの代物でなかったり、まともな音が出なかったりする「サックスの形をしたおもちゃ」です。

変な癖をつけたりお金をドブに捨てたくなかったら、「格安サックス」には手を出してはなりません。

予算は最低限で、テナーサックスを始めたいという方にオススメなのは

ヤマハ YTS-380
もうこれ一択ですね!

国産有名ブランドであるヤマハのコストパフォーマンス抜群のエントリーモデルです。実売価格で安いショップなら15万円〜手に入ります。

ヤマハのテナーサックスは個体差が少なく、他のブランドに比べて音程が安定しています。

特にヤマハYTS-380は、初心者でも鳴らしやすいテナーサックスのため、はじめての1本ならまずこれがおすすめです。

多くの吹奏楽部の備品や、音楽教室で使われているテナーサックスは、このヤマハのエントリーモデルなので、間違いはないですよ。

予算25万円〜おすすめテナーサックス

ヤマハYTS-62または

ヤナギサワT-WO2

この価格帯になると初心者はもちろん、上級者も楽しめるスタンダードモデルのテナーサックスを購入することができます。

ヤマハYTS-62は音程が取りやすく、明るい音色が特徴です。

昔はヤマハのテナーサックスはYTS-62が最上機種として発売されており、アマチュアはもちろんプロのアーティストにも用いられていた楽器です。

みんなと同じサックスは嫌!という方にオススメなのが、ヤナギサワ T-WO2。

ちなみに当時、吹奏楽部の指導に来ていたプロのサックスの先生もこのモデルを勧めていたこともあり、私の初めてのテナーサックスの購入はこちらのヤナギサワのブロンズモデルでした。(数年前なのでT-WO2の前のモデルです。)

国産サックスメーカーのヤナギサワは、サックス有名御三家ブランドのひとつであり、すべてハンドメイドのこだわりのある楽器作りが特徴です。

特にT-WO2は、他のメーカーにはないブロンズ製。赤く輝くボディーがすごいかっこいいんですよね。

ブロンズならではの芯があって温かみのあるダークなサウンドはテナーサックスの良さを最大限に引き出しており、この価格帯ではかなりコストパフォーマンスが高いテナーサックス。

実際購入して何年も経っていますが、私はこのモデルを未だにメインのサックスとして使用しています。

マウスピース(5000円〜)

口にくわえて息を吹き込む部分です。

テナーサックス本体を購入すると、だいたいセットでくっついて来ます。

安いものであれば5000円〜購入できますが、材質によって値段は上がり、シリーズによって吹奏感や、音色も大きく変わるので、こだわりのある方は別途購入することをおすすめします。

吹奏楽でテナーサックスを演奏する方や、クラシックな上品で美しい音色が好きな方は、

セルマーS90 オープニング180 がド定番です。

吹奏楽部のメンバーはだいたいコレでしたし、私もこちらを購入しました。

ポップスやジャズをメインで吹きたい!という方は

オットーリンクのメタルゴールドプレートの7番がド定番です!

ジャズやポップスを演奏する際はクラシック用のマウスピースでは音色が上品になりすぎるので、別のマウスピースを使用する人が多いです。私もこれを購入しブイブイ吹いてます。

オットーリンクのメタルマウスピースは、マウスピースを買うとリガチャーもセットでついてくるので、なかなかお得です! 笑

とりあえずテナーサックスのマウスピースとしては、かなりスタンダードなモデルなので、コレを買っとけば間違いないですね!

リガチャー(2000円〜)

マウスピースとリードを固定するための金具です。

こちらも楽器の購入の際に付属されますが、金具といえども、形状や素材によって音色や吹き心地に直結するのパーツなので、私は別途購入しました。

吹奏楽部員や、美しい響きのある音色が好きな方にオススメは、

BG  L41 ゴールドプレートです。

これは吹奏楽での定番のモデルで、私も購入しましたし、講師の先生もオススメのリガチャーです。

先ほど紹介しましたセルマーS90のマウスピースとも相性抜群ですよ!

リード(1枚あたり400円〜)

サックスやクラリネットなどの木管楽器はリードという葦でできた板の振動により、音を出します。

リードは消耗品で、テナーサックスのリードはだいたい5枚で1セットで売っており、安いショップなら2000円くらいです。

リードには番号が振られており、この番号が大きくなるにつれて硬くなり、肺活量が必要になります。

吹奏楽やクラシック音楽での使用なら、

バンドレンのトラディショナル3番が定番で、一番多く使われています。

ジャズやポップスでの使用は、先ほど紹介したオットーリンクのメタルマウスピース7番との組み合わせなら、

バンドレン ZZ 2-1/2  (2半)

あたりが初心者には吹きやすいかなとおもいます。

ストラップ 2000円〜

ストラップは演奏時にサックスを支えるための紐で、基本的には楽器購入時に付属しています。

しかし、テナーサックスはちょっぴり重いので、私は長時間吊り下げても負担の少ないクッション付きのストラップに買い換えました。

※楽器とストラップを繋ぐフックは意外と重要なポイント。楽器に付属のストラップただひっかけるだけのU字型のフックが多いのですが、気づいたらフックが外れて楽器を落としそうになった経験が幾度かあります。
ネオテックの上記のストラップのように、楽器を落とすリスクが低いしっかり閉じるスナップフックが断然おすすめです。

また、細いメタル製のフックはシャープなことから、ストラップとサックスのつなぎ目の部分に負担がかかり、楽器本体のメッキがハゲて傷だらけになった友人がいることからおすすめできません。
大切な楽器に傷をつけたくないならフック部分は太めのものを選びましょう。

お手入れセット(3000円〜)

テナーサックスの練習後にはお手入れは必須です!

特に必要なものは

スワブ(楽器の中に溜まった水分を取り除く)

クリーニングペーパー(キーの裏側に溜まった水分を取り除く)

クロス(錆の原因になる手垢をふきとる)

ですね。

これら必要なものがセットになったものもあります。

チューナー 3000円〜

音の高さを確認したり調節するために必要なのがチューナーです。

あったら便利なもの

チューナーマイク 1600円〜

吹奏楽やビックバンドなどで活動すると部屋に他のメンバーが音を出している中でチューニングしなければならない状況がよくあります。

チューニングしている間、周りで音出しをしている人がいると他人の音を拾ってしまい、正確なチューニングをすることが困難になりがち。

チューナーマイクは自分の楽器とチューナーをつなぐことで直に音を拾ってチューニングができる便利な代物。

私の吹奏楽部では管楽器メンバーのほぼ全員が持っていました。

コルクグリス 400円〜

マウスピースがなかなか入りにくい時や、楽器の組み立ての際に滑りが悪くなった時に使用します。(塗りすぎ注意!滑りすぎて安定しなくなります)

ジャータイプとスティックタイプがありますが、手が汚れずにサッとぬれるスティックタイプが断然おすすめです!

持ち運び用ケース(1万5000円〜)

楽器を購入する際についてくるケースは重すぎるので、多くのテナーサックスプレイヤーは持ち運び用の軽いケースを購入しています。

ケースを変えるだけでかなりストレス減るのでオススメです!

消音器(5万円〜)

テナーサックスを練習する場所としては、車の中や、屋外、カラオケボックス、スタジオ、公民館など。

しかし、テナーサックスは練習すればするほど上達が見込める楽器なので、なるべくなら自宅で気軽に練習したいですよね。

実はテナーサックスには専用の消音器があるので、消音器を使えば自宅での練習も可能です。

イヤホンで自分の音を確認できるので、上達も見込めますよ。

さあ!テナーサックスをはじめよう

渋くてちょっぴりセクシーな音が魅力のテナーサックス。

テナーサックスを吹ければ、JAZZや吹奏楽ではもちろん、ロックバンドを組んだりサックスのアンサンブルを楽しんだりと活躍の場がたくさんあります。

わたしは吹奏楽部でテナーサックスを始めましたが、サックスだけでアンサンブルコンテストに出場したり、高校を卒業後も大学のJAZZ研究会でバンドを組んだり、社会人になってもビックバンドで演奏したり、たまにロックバンドのバックバンドに参加したり…

テナーサックスを始めたことで、コミュニティーが一気に広がりました。

ただ楽器を買ってから飽きてしまったらもったいない、上達しなかったらどうしよう…と不安でなかなか購入に踏み切れない、という相談をたまにうけます。

しかし、テナーサックスは人気の楽器で需要が高いため、なかなかの高値で売ることができます 笑

出張・宅配・店舗に買取対応!楽器買取の最高値に挑戦中!
スピード買取ならガクヤ楽器買取ネット

テナーサックスは他の楽器と比べても初心者でもかっこいい音を出しやすく、上達しやすい楽器で、とてもやりがいがあります。

どうしてもダメだったら売ってしまえばいいんです! 笑

なので気軽にトライしてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加