1万円で買える!Venovaは管楽器を試してみたい人向け!【サックス吹きが買ってみた】

国内、海外でも定番の日本の楽器メーカー、ヤマハから新しく生まれた管楽器、VENOVA(ヴェノーヴァ)。

指遣いはリコーダーとほぼ一緒で簡単なのに、オーボエやサックス、クラリネットに近い本格的な音色です。

そんなVENOVAの値段はたったの1万円

手軽に買えるのに、他の木管楽器のいいとこ取りをしたような、夢のような楽器ですよね。サックス吹きの私もつい飛びついてVENOVA買ったので、本音レビューします!

かんたんさ        ★★★★☆

練習場所の確保しやすさ  ★★★☆☆

持ち運び         ★★★★★

楽器本体の値段      1万円

頑丈な箱に入って届きました!

Venovaの魅力とは?

表情豊かな音色

Venovaはソプラノサックスやオーボエ、クラリネットの音色に近いです。

さすがに1万円だから、本体はプラスチック製。音はサックスに比べると素材の違いからか若干ペラペラしているように聞こえます。やっぱり価格差は大きいですからね。

でもこれはこれでなかなかがあります。個人的にVenovaはアヒルちゃんが歌ってるようなチャーミングな音色に聞こえます。リード楽器ならではの表情のある音です。

もちろんマウスピースやリードのセッティングや吹き方によって人それぞれ音色が変わるのも面白いところ。

かっこいいジャズもキマります。

しっとりしたバラードも表情たっぷりにがっつり歌えます。

Venovaはコスパ最強!楽器初心者でも気軽に挑戦できる!

Venovaの一番の魅力、それはコストパフォーマンスの良さです。

サックス、クラリネットは初心者モデルでも15万円はしますし、オーボエは最低40万円です。

そのため、Venovaのように1万円で始められる木管楽器というのはかなり稀有です。

そのため、サックスやクラリネットに憧れるけれど高いから手が出ないし飽きてしまわないか心配・・・という人は、同じリードを使う木管楽器であるVenovaでトライしてみるというのもアリ。さすがに運指や吹き心地が同じというわけではないですが、木管楽器がどういう感覚かお試しするのには十分です。Venovaで続けられそうだったら、その後サックスやクラリネットを買ってみてはいかがでしょうか。

また、サックス吹きの私のようにメインで他の楽器を吹いている人は、サブで遊ぶ用に買うのにもちょうどいい値段です。サックスよりも片付けも持ち運びも楽で手軽に吹けます。

ちなみにVenovaを買うとマウスピースはヤマハのソプラノサックスのマウスピース4Cと同様のものがついてきます。この4Cのマウスピースを単体で買うと4000円します。1万円の楽器に本物のソプラノサックスのマウスピースがついてくるだけでもかなりお得なことがわかりますよね!さすがヤマハです。

コンパクトだから持ち運びが楽

楽器の大きさは結構大事です。小さくてコンパクトなほど、持ち運びに便利なので、気軽に吹けます。わざわざサックスを外に持っていくのは大変ですが、Venovaならさっとカバンに入れて持ち運びできるので、河原やカラオケボックスなど外で練習する際にハードルが低いです。

またVenovaは海やピクニックに持っていけるくらいコンパクトで軽いです。ちょっとした集まりに気軽に持っていってセッションするのも楽しそうです。

ちなみにオーボエやクラリネットやファゴットは木で作られているので、外で吹くと本体が急な温度変化に耐えられず、ひび割れることがあるので天気がいいからアウトドアで吹こう♪なんてことはできません。丈夫さはVenovaがプラスティック製だからこその強みですね。

丈夫でお手入れが簡単

Venovaはプラスティック製で、家で水で丸洗い可能です。

丸洗い可能の楽器ってかなり希少です。一般的な木管楽器は丸洗いなんて絶対にありえないです。

クラリネットやオーボエ、ファゴットは木で作られているので、水で洗うなんて論外です。フルートやサックスは一見金属で洗えそうに見えますが、穴を塞ぐタンポという部分が水に弱いので水洗いは不可。

管楽器は洗えないのが当たり前ですが、それでは不潔に感じてしまう・・・という人にはもってこいの楽器です。

汚れても洗えるのなら、気兼ねなくガシガシ外で使えます

また、多くの木管楽器はつくりが繊細だったり、消耗品のパーツの交換が必要だったりと、定期的に楽器屋さんに持って行って調整が必要なのでその度に出費も手間もかかります。しかし、Venovaはシンプルな作りなので、調整に出す必要はありません

(Venovaの本体は1万円なので調子が悪くなったら調整に出さずに買い換えるのもアリでしょう。)

指遣いはほぼリコーダーと同じで覚えやすい!

複雑な指遣いの楽器は覚えるのが面倒臭くて初心者にはハードルが高いもの。

それに対して、Venovaの運指はリコーダに近くとてもシンプルです。覚える手間が少ないので、初心者に優しいです。難しい運指を覚える時間を好きな曲を練習する時間に当てられます♪

C調なので楽譜そのまま吹ける

トランペットやサックス、クラリネットなどは、ドレミファソラシドの運指をしても、実際に出る音は違うので、ズレが生じてしまいます。

しかし、Venovaはピアノやリコーダーと同じでわかりやすいC調の楽器。好きな曲を音階の調節いらずで楽譜通りそのまま演奏できます。

Venovaの大変なところ

音が大きいので、集合住宅では練習が難しい

Venovaはコンパクトですが、音は大きいです!!私はアパートでも気軽に吹けるかなーとVenovaを購入したのですが、これは大誤算。音のボリュームはサックスといい勝負です。

まあドラムやギターと一緒にセッションをしても埋もれない音量というのは、バンド活動をするならメリットではあります。

しかし、日々練習する際は、アパートやマンションの室内では難しいです。特に初心者はVenovaにしっかり息を入れて鳴らさないといけないので、間違いなく隣の部屋まで聞こえます。また、音域が高いので結構ひびきます。

自宅が一軒家だったり、防音室があればいいのですが、そうでない人は練習場所は車の中か、公園や河川敷などの野外かカラオケボックスの中などが現実的だと思います。

幸いVenovaはコンパクトですし、専用ケースもついているので持ち運びは楽です。

音程が不安定

Venovaは音程が不安定です。私はサックスを吹きますが、Venovaは少なくともサックスよりも音程が取りにくいです。

Youtubeに上げられているVenova演奏の動画も結構音程が不安定なので、これはVenovatの楽器の特性なのだとおもいます。

ただ、管楽器はどの楽器も吹いただけできちんとした音が出るわけではありません。正しい音程を出すにはある程度は自分で吹き方を調節する必要があります。

木管楽器なので初心者は音出しには練習が必要

Venovaは木管楽器で、薄いリードを振動させることで音を出します。リコーダーやオカリナのように息を入れるだけで音がでるわけではありません。

サックスやクラリネットなどのリードを使う楽器の経験者は余裕で音を出すことができると思います。息を入れるとびっくりするほど鳴りますね。

まったくの初心者の場合、少し戸惑う可能性があります。とはいえ1日練習すれば誰でも音が出るレベルには持っていくことはできると思います。

コツは思っているよりももっと息を入れること。最初は苦しく感じるかもしれませんが、そのうち慣れます。あと楽器本体の付属のリードは少しハードすぎるので柔らかめのものに変えることです。(あとで詳しく解説します)

ただ、この適度な難しさが、Venovaの奥深いところといえるでしょう。リコーダーやオカリナ、鍵盤ハーモニカなど、誰でも息を入れれば綺麗な音が出る楽器はありますが、それだと単調で飽きてしまうという人は、楽しめると思います。(これらの楽器も奥が深いし、素朴さが魅力でもあるのですが)

誰でも吹ける?!オカリナはとりあえず楽器を吹いてみたい人にピッタリ!
優しく暖かい素朴な音色が魅力のオカリナ。 「となりのトトロ」や「ゼルダの伝説 時のオカリナ」などの有名なアニメやゲームでも度々...

新しくできた楽器なのでVenova教室が少ない

ヴァイオリン教室やピアノ教室、ギター教室は演奏者の割合が多いので、簡単に先生を見つけることができますが、Venovaはまだ新しい楽器なので、Venovaを習いたくても教えてくれる先生は少ないです。

ただ、私はVenovaは独学可能な楽器だと思います。ヤマハのVenovaのコンセプトはだれでも気軽に始められること。基本的な吹き方や運指は、Venovaを買ったときに付属している説明書に載っています。楽器の自体の構造もシンプルですし、人に習うよりも練習あるのみだとおもいます。

また、ヤマハから初心者向けの楽譜もでているので、参考になると思います。

活躍の場が少ない

Venovaは表現力豊かな楽器で、ジャズやロック、クラシックなど、ジャンルを問わずに演奏を楽しむことができます。

しかし新しい楽器のため、オーケストラや吹奏楽やジャズのビックバンドでは残念ながらVenovaの枠はありません。

グループで演奏したいなら、自分でドラムやギターやベースなどを集めてバンドを組むしかありません。

音域はやや狭い

「ドレミファソラシド」の低いドの音と高いドの音までが1オクターブですが、Venovaの音域は2オクターブです。サックスとオーボエはおよそ2オクターブ半、フルートは3オクターブ、クラリネットは4オクターブなのでVenovaの音域は他の木管楽器と比べると、やや狭めです。

ただ2オクターブ吹ければだいたいの音楽は演奏できます。一般人の声域は2オクターブと言われています。そのため人が歌えるような歌は大抵Venovaでも演奏できるといえます。

Venovaを楽しむために必要なもの

スポンサーリンク

必要なものはVenovaを買うと全部ついてくる

Venovaを購入すると、以下のものがついてきます。Venovaを演奏するにあたって、最低限必要なものは本体と一緒にセットになっています。

  • マウスピース
  • マウスピースキャップ
  • リガチャー
  • 樹脂製リード
  • クリーニングスワブ
  • 取扱説明書
  • ガイドブック
  • ケース(ストラップつき)
無駄を省いたフォルムがかっこいいですね!

Venovaを購入するとヤマハのソプラノサックスのマウスピース4Cがついてきます。4Cを単独で買うと4000円ほどするのでかなりお得です。おもちゃっぽくない、本格的な吹奏感があるのも納得です。

ソプラノサックス用のリードを用意するのがおすすめ

Venovaを購入すると、樹脂製のリードが付属するのですがこのリード、ちょっと硬すぎて特に初心者や女性にはキツいとおもいます。

初心者でなかなかVenovaの音がならない!息が続かない!という原因はリードが硬すぎる場合がほとんど。初心者はやわらかめのリードを別途購入した方が音が出しやすいです。

Venovaのリードはソプラノサックス用のリードと互換性があります。私は今回リコーのソプラノサックス用リードをセッティングしましたがずいぶん吹きやすくなりました。葦のリードなら、硬さは2半がおすすめです。(2 1/2と記載のあるもの)

ただ、一般的なリードは葦でできているので、個体差があるのと、へたるのも早いです。もちろん水洗いはできません。

Venovaは手軽さが売りなので、長持ちして、水洗い可能な樹脂製のリードが手入れが簡単で相性いいのかな、と個人的に思います。

硬さはレジェールというブランドなら初心者にはがお勧めです。

マウスピースパッチ

Venovaはマウスピースに前歯を当てて吹くのですが、マウスピースはツルツルしているので、アンブシュア(口の形)が安定しにくいのでマウスピースパッチを貼ることをおすすめします。また歯に直接振動がいかなくなるので、長時間の練習をしたときに疲れにくくなるとか。

私は、マウスピースに前歯の歯形がついてしまうのが嫌なので貼っています。ヤマハのマウスピースパッチのSサイズがぴったりです。だいたい600円くらいで買えます。

Venovaを気軽にはじめよう!

Venovaは木管楽器で破格の1万円ポッキリ!

以前からクラリネットやサックスに興味があったけどなかなか手が出ない・・・という人でも気軽に始められる手ごろな価格帯です。

値段の割にはかなり遊べるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

1万円以下でサックスの音色が楽しめる?!サックス吹きがポケットサックスを実際に買ってみた【Xaphoon】
ポケットサックスという楽器をご存知でしょうか。 別名ザフーンやバンブーサックス、ミニサックスなど様々な名称で親しまれています。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加